他社見積もりでは予算オーバーだった自宅と賃貸物件の建て直しが、多角的な提案で大満足な物件に

  • 自宅部分だけを建て直すか、自宅とアパートの両方を建て直すかを悩んでいた
  • ハウスメーカーや大手工務店で見積もりを取ったところ、見積もり額が想定より高く、納得できなかった
  • 適材適所のコスト配分で当初の見積もりと比べて総建築費の32%に相当するコスト削減ができた
  • 自宅で専有面積の34.8%を占有しているにもかかわらず実質利回り6.8%を達成

ご相談内容

  • 建物の老朽化が目立ってきたため、建て直しを検討。その際、自宅部分だけを建て直すか、自宅とアパートの両方を建て直すか、長期的視点で考えた場合にどちらが良いか判断できない。
  • 親の代から住む土地のため、近所の方から愛され、街並みに馴染む建物にしたいという想いが強い。しかしそのために、具体的に何をどうしたら良いかがわからない。
  • ハウスメーカーや大手工務店で見積もりを取ったところ、見積もり額が想定より高く、納得できなかった。

テラコーポレーションからの提案

はじめに、建て直しの判断に迷われていたことに対して、自宅のみを建て直した場合と、自宅賃貸併用住宅を建てた場合のシミュレーションを提案しました。
具体的には、それぞれの場合についての間取りや水廻り設備、外観デザインなどの建築プランとそのお見積もり、また、家賃収入や経費、ローン返済を考慮した収支計画書を作成し、比較できるようにしました。さらに、どの様な建物にするのが良いかについては、お客様のご要望と詳しい状況を伺ったうえで、エントランスや外壁などしっかりコストをかける場所と、屋上などのコストダウンを優先する場所を選定し、メリハリの効いた設計をご提案。
さらに、弊社の経験と実績から、こちらのお客様の場合にはご自宅と賃貸部分をまとめて併用住宅を建てることで、特定の建築工法が採用できること、それにより建物に使える素材や間取りの制限が大きく緩和されてコストダウンに繋がることや、前述の建築工法を得意とする建設会社を選定することで、建築費を大幅に抑えれることをお伝えしました。

得られた成果

  • 自宅のみを建て直す場合と自宅賃貸併用住宅を建てる場合の事業計画を比較した結果、自宅賃貸併用住宅を建てることに決定
  • コストをかけるべき場所、コストを抑えるべき場所を厳密に選択し、無駄なくコスト配分することで、予算を抑えつつも地域に愛され、賃貸物件としても人気のある建物が完成
  • 自宅賃貸併用住宅に適した建築工法を採用することでさらにコストを抑えることができた
  • 今回の事業計画に適した数社でコンペティションを実施した結果、最終的には当初お客様が得ていた他社見積りに比べて32%のコストダウンを実現
  • 引き渡し後、賃貸部分は1ヵ月で満室になり、その後は現在まで約98%の入居率を維持
  • 土地面積の1/3を自宅用に占有している物件としては、非常に高い利回りを達成

お客様の声

はじめにハウスメーカーなどに相談しましたが、こちらの予算範囲に収まる提案はいただけず、交渉の余地もありませんでした。
どうにかならないかとインターネットで他を探している時に、テラコーポレーションの名前を見つけました。ホームページを見ていくと、事例によっていろいろな建設会社が担当していることがわかり、ここなら公平な立場で顧客の要望に合った提案をしてくれるのでは と思って相談することにしました。

相談してみると、電話や対面でのやりとりもわかりやすく、こちらのニーズを的確に汲み取ってもらえた感触がありました。提案プランも希望に沿った物だったため、こちらにお願いすることにしました。

テラコーポレーションを選んだ結果は大満足です。なんといっても土地を徹底的に無駄なく利用してもらえたし、決して多くない予算の範囲で、保険や税金、火災保険のオプションの選び方まで考えて、最適なコストダウンの方法をアドバイスしていただきました。
とにかく言えるのは、徹底して顧客視点で仕事をしてくれる人たちだということ。
家の前にある道路のセットバックの交渉や、ご近所からの要望への対処法といったことにもアドバイスをいただき、外構で予算の調整が必要になった時もいろいろ考えてサポートしてくださり、とても助かりました。

あのままハウスメーカーや工務店だけで探していたら、どれだけの時間と労力を費やしたことか。。ひとつひとつ展示場を見に行って話を聞いて、提案してもらって比較して・・・。考えただけでも気が遠くなります。
土地や家のことは、立地や大きさ、土地柄、条件など人それぞれですし、大きな決断も必要になってくることなので、本当に親身になって考えてくれて、どこまでも顧客目線で誠実に相談に乗ってくれる会社に出会えて本当によかったです。

コンサルタントから

今回の場合、お客様はすでにハウスメーカー様や大手工務店様でお見積もりを取っていらっしゃいましたが、その結果に納得できないということでお話を伺いました。他社様への相談で納得できなかった点について、総合的な観点から考える私たちなら、ご納得いただける提案ができるのではないか と感じ、事業計画や建築工法、建設会社の選定方法など、様々な観点から提案をさせていただきました。
結果、普通の建設会社では取り扱いのない特殊な建築工法を採用することで、魅力的な建築プランを作成できることに気づき、コスト面のメリットを提供できただでなく、出来上がった建物のグレードの高さを考えると、とても良いご提案ができたと思っております。
建設会社はその会社によって取り扱う建築工法や素材が決まっているため、選択できるものが限られてしまうことが通常です。また設計事務所は、顧客ニーズに適した最高の設計を目指すことがおおく、どうしても建設費用が大きくなりやすい傾向にあります
ご自宅だけではなく、採算を考えて賃貸併用住宅をご検討されている方にとって総合的な視点で提案できる独立したコンサルティング会社は頼りになる存在だと思いますので、迷われたらご相談ください。


建物概要

敷地面積 172.09 m2
用途地域 第一種中高層住居地域
建ぺい率 / 容積率 70% / 200%
延床面積 331.76 ㎡
最寄り駅 都営地下鉄 大江戸線 落合南長崎駅から徒歩7分
共用部設備 オートロック、防犯カメラ、宅配BOX、外壁タイル張り、他