子ども達に「マスクとお菓子」の贈りもの
 

こんにちは、テラコーポレーション(TERAcorporation)の大槻です。
コロナに翻弄されて一年以上が経ってしまいました。
相変わらずの≪感染数増加≫や≪医療ひっ迫≫≪外出自粛≫という状況に皆さんも思うところが多くあるかと思います。そして、きっと子供たちも沢山たくさん我慢しているのだと思います。

そこで、コロナ禍で我慢している子ども達を支援している団体や活動はないかと検索してみたところ、私たちのオフィスがある豊島区でコロナ禍の子ども達へ食料支援をしているという NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク さんを見つけ、その活動の一つに「要町あさやけ子ども食堂」というものがあることを知りました。
さっそく、代表の赫に「子ども達に喜んでもらえるものを贈りたい」と相談したところ「喜んでもらえるんじゃないか?」と快諾を得ましたので、贈り物としてマスクとお菓子のセットをお届けしました。

私が子供の頃を思い出してみると、たまたま道端ですれ違った近所のおばちゃんから「お菓子食べるかい?」って、唐突にもらえた飴やチョコレートが凄く嬉しかった記憶があります。だから、いつの頃の子ども達も、お菓子もらえるのって嬉しいだろうなぁと思ったのです。

後日、要町あさやけ子ども食堂の山田様より、ご丁寧なお手紙とお写真いただきました、ありがとうございます。

大変な時世で、時に大人は勝手だけれど、子どもには大人より圧倒的に未来があります。

時節柄、皆さまご自愛ください。

豊島子どもWAKUWAKUネットワーク → https://toshimawakuwaku.com/
要町あさやけ子ども食堂 → https://www.asayake-kodomoshokudo.com/